え!? 脱毛器を同時に5台も使った?

こちらの脱毛器サイトの運営者さん、なんといまそこらじゅうで見かける人気の脱毛器を5台もまとめて使ったみたいです。恐るべし・・・私にはそんなお金無いけよ。うらやましい・・・じゃなくて、参考になりますよ(笑)

意外と目立つ背中の産毛

脱毛と聞くと一般的に腕や脚・ワキなどの箇所が多いと思いますが
実は忘れがちな背中の脱毛を要チェックしていただきたい。

意外に背中の産毛が目立っていたりします…
女性は髪の毛をアップにしたり背中の大きくあいた服を着たりしますが
男性の目は背中に結構目がいったりしてるんですよ?!

そして背中の産毛は皮膚線があるため黒ずみが出来やすく
毛穴も詰まりやすいので汗をかくとそれが汗疹になったりします

背中の荒れの原因になるひとつが産毛です

背中の脱毛はレーザーよりも光脱毛をオススメしています。
背中の産毛に強いのが光のが強いと言われているので
たいていの方は光脱毛を選択します

短時間で出来る脱毛なので背中美人を目指していただきたい!
自分では見れない背中だからこそきちんとしていたいですね

男性から人気!ひげの脱毛

今では男性女性関係なく脱毛にみえるお客様は増えてきています。

その中で男性の脱毛したい理由で多くあげられるのがひげです
ひげが濃い・似合わない・綺麗な肌でいたいなど理由は多く
ありますが、ひげ脱毛で1番大事なのは脱毛選びです

ひげは簡単に脱毛出来るので脱毛方法はたくさんあります。

短時間で痛みの少ない光脱毛や効果が目に見えたわかるレーザー脱毛
あとはワックスやテープ・ローションを使った脱毛や
エステサロンに通わなくても自宅で出来る家庭用脱毛器もあります

どれが1番いいというのはありません。
自分に合った脱毛方法を見つけ納得のいくものをセレクトして下さい

夏は脱毛エステが人気急上昇

夏と言えば暑いですよね
着る服も半そでや半ズボンと言った露出の多い服になります。

そして海やプールの季節なので水着を着たりする機会も
増えると思いますが気になるのが毛の処理です

多くの方はカミソリなどで自己処理すると思いますが
カミソリは肌荒れの原因を作るひとつで衛生的にも
あまりオススメが出来ない処理方法です

エステサロンでの脱毛や家庭で出来る脱毛器もあるので
そちらをぜひオススメします。

夏になると脱毛エステのお客様が増えます。
1回である程度の脱毛が出来るので
夏に1度やっておきたいと言うお客さまもいます

ムダ毛が気になる季節でもあるのでしっかり
お手入れと脱毛後のケアも忘れずに行ってください

家庭用脱毛器とはなにか

先程からちらほらと家庭用脱毛器という言葉が出てきていますが
家庭用脱毛器とはご存知ですか?

自宅でエステサロン並みの効果が得られることから
最近人気が急上昇しており男性女性に関らず使っている方が多いです

なによりも時間とお金がかからないことや
わざわざエステサロンに通わなくてもいい・エステでは恥ずかしいけど
自分で出来るなどと言ったメリットと心のゆとりも持ちながら
脱毛出来るというのが魅力のひとつ。


家庭用脱毛器だからといって手を抜いている訳ではありません。
今はエステサロンで使われるレーザー脱毛・光脱毛も出来る脱毛器もあります。
肌に優しく負担をかけないためにも一気に脱毛するのではなく
何回かに分けて行うので肌での負担を最低限に抑えています。

しかし全部がそうという訳ではありません。
安い物や間違った選び方をすると肌荒れの原因にも
なりかねますので慎重に選んでいただきたいです。

全身脱毛の詳細

全身脱毛と聞くと体の全部の毛を残さず脱毛してくれるという印象が強いですが実際はそうではありません。

エステサロンによっては違いますがほとんどの全身脱毛はまず手から足までのコースがありその決められた脱毛コースの全てを
してくれるということになっています。

なので、アンダーヘアーやIライン・Oライン・ひげ・髪の毛などの全部の毛を脱毛されるという訳ではないのです

逆にそのコースにお腹やお尻などの脱毛がなければしてもらえません。エステサロンによっては自分の体でここをしてもらいたいなどの要望も聞いてもらえる所もあるので、あらかじめ相談や説明を聞きにいくのも
全身脱毛をする際のポイントになります。

しかし全身脱毛が希望通りにいくとは限らないのが現実です体験者のみなさんの話からキャンセルされる方が多いようです

全身の毛の処理をする事になるのでお金と時間はかなりかかります夏までにワキやアンダーラインを脱毛したいのならそれに合わせて計画をたてながら進めていかなくてはなりません。

全身脱毛は楽ではありますが、すべてがいいという訳ではないのかと思います。脱毛のデメリットとしてワキ脱毛をしてしまうと脇汗を止める方法がなくなります。わき毛と言うのは、汗を止めるやくめもしています。

痛い脱毛ばかりではありません

皆さんも一度は自分で毛の処理をした事があると思いますが
痛い思いをしたことはありますよね?

カミソリは剃る分には痛くないのですがその後肌がヒリヒリしたり
お風呂に入るとじわじわと染みてきたりしませんか?
毛抜きはそのまま毛を抜くわけですから当然痛いですよね


これはエステサロンでも同じく痛い脱毛方法もあります。

ニードル脱毛というのは針を使って電気を流して脱毛するので
それはそれはとっても痛いです。
毛穴ごとに針をさしていくので我慢できない…って事もあります。

レーザーは痛みが少ないと言われていますが箇所によっては痛いです。
毛を焼いていくので多少の痛みがあることはわかりますよね


しかし痛くない脱毛方法もあります。それは光脱毛です
光を当てて脱毛していくので痛くもかゆくもありません
値段も安く時間も短くそして痛くないので女性に人気の脱毛方法です

でも1度で効果が得られることは少なく徐々に毛を薄く弱くして
脱毛させるのが目的なので1度で納得のいく効果は難しいかもしれません

しかし痛みが嫌だという方はぜひ光脱毛をオススメします

けど脱毛は皮膚から毛を抜くことなので
多少の痛みはつきものなのかもしれませんね

クリームとワックスの違い

脱毛方法には脱毛とクリームと脱毛ワックスもあります。
この違いが何かわからない方も多いと思いますが
基本的に同じ効果が発揮されるので似ていますがただ違うのは方法と使う成分です

脱毛クリームにはアルカリ性の薬剤を使います。
それを脱毛したい部分に塗って置いておくのが脱毛クリームの方法です
アルカリ性が化学反応を起こしてその反応を利用して毛を溶かします
なので毛を抜くというよりも毛を溶かしてなくすのがクリームなので
痛みもかゆみの一切ありません。


次に脱毛ワックスですが、このワックスは脱毛専用のワックスを使います
ワックスの成分はサロンや商品によって違いますが中にロウが入っており
そのロウを温めて毛穴の奥まで柔らかくして抜きやすくするために
まずは、そのワックスを温めます。

温まったワックスを脱毛したい部分に伸ばしてワックスが冷えて固まったら
毛と一緒にはがして脱毛を行います。

ワックスはクリームと違って毛を取りはがす方法になっています。

同じように見えますが方法や使うものは全く違います。
ただ2つとも肌に塗って行う方法などで肌荒れや炎症を
起こしてしまう可能性も高いので気を付けてよく説明を聞くことが大切です

光(フラッシュ)脱毛について

脱毛の方法で人気が高いのが光脱毛です。
フラッシュ脱毛とも言われています


人気が高い理由としてあげられるのはまず他の方法と比べて値段は安い!

短時間で行える光脱毛は約1回の施術が10分程度です
そのために使用するものが少ない為、値段も安くなっています。

そして光脱毛は安全性に優れていて肌に弱い方やアトピー体質の方でも大丈夫です
施術時間が短かったり光を利用しているので肌への負担や害を
最小限におさえられている脱毛方法と言えます

そして一切肌に触れたりしていないので痛みも弱く脱毛の中で1番痛くないです
脱毛というとどうしても痛そうという意見が
多いですがこの光脱毛は本当に痛くないです

デメリットももちろんあります。

それは1度で満足のいく効果が見られにくいです
回数を重ねて毛を薄く弱くしていくことが目的なので
完全に脱毛出来るという訳ではありません。

そして光を使うので地黒の方や夏などで日焼けをしてしまった方などは
その光が原因でやけどを負ってしまう可能性もあるので受けられない場合もあります


メリット・デメリットを紹介しましたが気になった方はぜひ!

面倒くさい方にオススメ

毛の処理って正直とても面倒くさくないですか?
綺麗に処理できたと思ったらまた何日後に生えてきたりして
ほっとく訳にはいかないので処理しますが、
肩や腕が疲れたりと面倒くさい要素がたくさんあります。

正直…冬になるとお手入れも疎かになりますよね(笑)


面倒くさい方はエステサロンで脱毛という方法もありますよ

プロのエステティシャンが全部してくれるので寝てるだけで綺麗になるし
気になってはいたけど自分では出来なかった背中や後ろ太ももなど
相談していただければどこでも脱毛してくれます。

ただちょっと恥ずかしかったりしますが、本当に楽です

1回施術を行うと何カ月は生えてこないので春から夏にかけて
毛の処理が面倒くさい方はエステで脱毛するのをオススメします。

ただ1回ではちゃんと脱毛できるのでなく、通わなくてはいけないので
サロンにいくのが面倒くさいって感想もあります。


そういう方には自宅で出来る家庭用脱毛器もオススメですよ

面倒くさいですが自分のためにも綺麗な肌でいましょう!

気になる部分や用語がたくさん!脱毛についての知識とは

脱毛が出来れば何でもいい!なんて思ったりしてませんよね?脱毛にはいくつかの種類があり脱毛したい部分によって合うか合わない・しやすいかがあります。なんでもいいからとむやみに手を出すと後で大変な目にあいますよ。少しでもいいので脱毛について知識を増やして行ってほしいと思います。