トップ > クリームとワックスの違い

クリームとワックスの違い

脱毛方法には脱毛とクリームと脱毛ワックスもあります。
この違いが何かわからない方も多いと思いますが
基本的に同じ効果が発揮されるので似ていますがただ違うのは方法と使う成分です

脱毛クリームにはアルカリ性の薬剤を使います。
それを脱毛したい部分に塗って置いておくのが脱毛クリームの方法です
アルカリ性が化学反応を起こしてその反応を利用して毛を溶かします
なので毛を抜くというよりも毛を溶かしてなくすのがクリームなので
痛みもかゆみの一切ありません。


次に脱毛ワックスですが、このワックスは脱毛専用のワックスを使います
ワックスの成分はサロンや商品によって違いますが中にロウが入っており
そのロウを温めて毛穴の奥まで柔らかくして抜きやすくするために
まずは、そのワックスを温めます。

温まったワックスを脱毛したい部分に伸ばしてワックスが冷えて固まったら
毛と一緒にはがして脱毛を行います。

ワックスはクリームと違って毛を取りはがす方法になっています。

同じように見えますが方法や使うものは全く違います。
ただ2つとも肌に塗って行う方法などで肌荒れや炎症を
起こしてしまう可能性も高いので気を付けてよく説明を聞くことが大切です

え!? 脱毛器を同時に5台も使った?

こちらの脱毛器サイトの運営者さん、なんといまそこらじゅうで見かける人気の脱毛器を5台もまとめて使ったみたいです。恐るべし・・・私にはそんなお金無いけよ。うらやましい・・・じゃなくて、参考になりますよ(笑)⇒ http://datsumouki.jpn.org/

前の記事 | 次の記事

関連記事